www.wearewardrum.com
自動車重量税、別称重量税とは、国産自動車でもアメ車というような自動車の生産している国やハッチバック、ワゴン車など車の形に全て同じで、例えば、スズキやメルセデスベンツ、などにも同様に掛かってくる税のことをいいます。新車登録をする場合、もしくは定期的にある車検を受ける際に支払う必要があるものなのです。税額はそれぞれの愛車の重さで決められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は違う税のため、基礎となる税金を理解して勘違いしないようにしましょう。「自動車重量税は大きさで」「自動車税という税金は車の総排気量毎に」税額が異なります。また、引き取りの際の扱われ方違いますから注意しましょう。自動車を買い取ってもらうときには既に納めた車の税金がどれだけ残っていた場合でも、その税額が戻ってくるということはありません。一方で、自動車税の時は、既に納めた金額を売却額に足してくれるようなことがなくはないですが重量税に関しては上乗せされるという事例は全然ないといえます。重量税は、手放す際に納めてある税金が残存しているからと言って買取業者にてそれが配慮される場合はまずないものなのです。そのため次の支払い、つまり車検まで売らずに待ってから売却をするのが最も良いでしょう。自動車買取の時は戻ってこない重量税ですが特別な場合だと戻ってくることもあります。この事例というのは車検期間が残ったままの自動車を廃車として処理する際です。というのは抹消登録をすると残っている車検期間に応じて税金が返ってきます。ただ、買取の際はその車が廃車されるのとは違うので還付されません。またクルマの名義を変更した際や、盗難被害に遭った際も還付してもらうことは不可能です。自動車重量税が残っているクルマを売るということは、つまり車検期間がまだある自動車ということになります。その辺りを買取店も配慮しますから重量税の残存期間があればある程度査定額が上乗せされると思います。当たり前ですが査定額は業者により違ってきますが、車検の効力が残っているということを考慮していただければ所有車の査定額と比較するとそこまで払い損と考えることもありません。